アメリカ、ミシガン州アナーバー – 2020年3月24日 – ODVAは、2020年3月5日アメリカ、フロリダ州パームハーバーにて、第20回年次総会を開催いたしました。50社以上の企業から関連業界の専門職者120名以上が参加した今回の年次総会の目玉は、パネルディスカッション「Can 5G and WiFi 6 Deliver on the Factory Floor?」(産業現場で5GとWiFi-6を提供できるか?)とアマゾンウェブサービスによる基調講演「The Effect of Digital Transformation on the Industrial Automation Product Ecosystem at the Edge and Beyond」(エッジ、そしてエッジを超えた産業オートメーション製品のエコシステムにおけるデジタルトランスフォーメーションの影響)でした。今回の年次総会では、組織全体としてのODVAの強みと組織全体にもたらされる機会をもとに、ODVAの取締役会の新たな役員の選出も行われました。

また、総会の締めくくりとして、ODVAの2020年度インダストリーカンファレンスを通して1週間にわたる技術セッションが提供されました。EtherNet/IPのエコシステムの継続的な拡大、プロセス業界のニーズを満たすことを目的としたEtherNet/IP導入のさらなる拡大、インダストリー4.0(第4次産業革命)やIIoT(産業用モノのインターネット)に対応することを目的としたEtherNet/IPの継続的な進化などをはじめとするODVAの技術とアプリケーションの最新の開発状況は多くの参加者の注目を集めました。カンファレンスでは、ネットワーク診断、TSN、OPC UA、制約があるデバイス(Constrained Device)、Ethernet-APL、FDIパッケージ、PA-DIMなど非常に重要なトピックが扱われました。インダストリーカンファレンスと年次総会で提供された技術文書やプレゼンテーションは、ODVAのサイト(https://www.odva.org/Happenings/Industry-Conference-and-Annual-Meeting-Library)からダウンロードいただけます。

年次総会では、ODVAの取締役が選出、発表されました。ODVAの取締役会は戦略的な計画および管理に対し最高レベルの責任を有しており、産業オートメーション機器およびシステムのベンダーとして事業を展開している世界中の大手企業の経営幹部社員によって構成されます。第21期ODVA取締役:

  • Dr. Rolf Birkhofer - エンドレス・ハウザー、プロセスソリューション部門マネージングディレクター

  • 小島訓 - オムロン、ネットワーク商品事業本部コントローラ事業部ゼネラルマネージャー

  • David Lagerstrom - Hans Turck Company、アメリカ支社(Turck USA)社長兼CEO

  • Raja Ramana Macha - シュナイダーエレクトリック、イノベーション&テクノロジー部門シニアバイスプレジデント兼産業オートメーション部門CTO

  • Samuel Pasquier - シスコシステムズ、IoT産業ネットワーキング&セキュリティ部門製品管理担当シニアディレクター

  • Thomas Petersen - ダンフォス、フィールドバス&システムインテグレーション部門シニアディレクター

  • Brian Reynolds - ハネウェル、エンジニアリング、プロジェクト、オートメーションソリューション部門シニアディレクター

  • Jürgen Weinhofer - ロックウェル・オートメーション、共通アーキテクチャ&テクノロジー部門バイスプレジデント

ODVAの取締役会は、役員全員で連携し、戦略的計画を策定、実施し、技術および仕様の開発および公開を監督し、ODVAのガバナンスの責任を負います。第21期ODVA執行役員: 

  • Dr. Al Beydoun - プレジデント兼専務取締役

  • Joakim Wiberg - 最高技術責任者

  • Adrienne Meyer - 運営および会員事業部門バイスプレジデント 

  • Christopher Lynch、コーポレートセクレタリー

  • Dr. Jürgen Weinhofer、会計責任者

ODVAの技術検討委員会(Technical Review Board:TRB)は、産業用共通プロトコル(CIP™)だけでなくEtherNet/IP™やDeviceNet®などCIPを適用したネットワークプロトコルも網羅するODVAの仕様に含める技術の強化を承認するなど、ODVAの技術と規格の開発を監督する役割を担います。第21期ODVA技術検討委員会代表者:

  • Joakim Wiberg - HMSインダストリアルネットワークス会長

  • Raj Bandekar - ハネウェル

  • Rudy Belliardi - シュナイダーエレクトリック

  • Mirko Brcic - エンドレス・ハウザー

  • Paul Didier - シスコシステムズ

  • Gregory Majcher - ロックウェル・オートメーション

  • 村山信次 - オムロン

  • Roxana Sudrijan - モレックス

「ODVAの第21期のスタートを切るにあたり、ODVAの取締役会はインダストリー4.0(第4次産業革命)やIIoT(産業用モノのインターネット)の加速に伴ってEtherNet/IPによってもたらされる機会を引き続き拡大していければと期待しています」とODVAのプレジデント兼専務取締役Dr. Al Beydounはコメントしています。 2021年度インダストリーカンファレンスならびに第21回年次総会の日程および開催場所は、2020年第3四半期にご案内させていただく予定です。

ODVAについて
ODVAは、世界の大手オートメーションサプライヤーを会員とする国際規格の開発を行う団体です。ODVAの使命は、産業オートメーション業界に向けた、オープンで相互運用可能な情報通信技術を推進することです。ODVAの規格には、メディアに依存しないネットワークプロトコルである「CIP™」(共通産業プロトコル:Common Industrial Protocol)をはじめ、EtherNet/IPやDeviceNetなどの産業用通信技術が含まれます。 生産システムの相互運用性、および他のシステムとの統合を考慮し、ODVAは市販の標準的なインターネットおよびイーサネット技術の採用を指針としています。この指針は、現在業界をリードしている産業用イーサネットネットワークであるEtherNet/IPも採用しています。ODVAに関する詳細は、www.odva.orgにアクセスしてご確認ください。

詳細等のお問い合わせ先:

Steven Fales
ODVA
4220 Varsity Drive, Suite A, Ann Arbor, MI 48108-5006 USA
電話: +1 734 975 8840
FAX: +1 734 922 0027
Eメール: gro.avdo@selafs

CIPおよびEtherNet/IPは、ODVA, Inc.の商標です。DeviceNetは、ODVA, Inc.の登録商標です。その他の商標はそれぞれの所有者に帰属します。